意外とハードなスポーツ

卓球とは至近距離でピンポン玉を打ち合うスポーツで、老若男女問わず誰でも気軽に楽しめます。そんな卓球の消費カロリーですが、一般的に30分行うことで男性で100キロカロリー、女性で80キロカロリーほど消費できるといわれています。一見地味な印象を受けることもあるかもしれませんが、手と足を使いながら、小さなボールを追いかけて俊敏に動くため、なかなかハードな一面を持つスポーツでもあります。そして、試合などで更に激しく動く場合は上記の消費カロリーを上回り、1時間で約300キロカロリーほど消費できるといわれています。

卓球が日本の健康促進へ

今、日本のスポーツ界で注目すべき競技は、今年開催したリオオリンピックで男子団体で初、女子団体では二大会連続でメダルを獲得した卓球です。国内において卓球は、老若男女楽しめる競技です。この広く親しまれたスポーツが健康に一役買うという事実があります。世間的なイメージでは暗くて地味な競技ですが、運動量は激しくラケットを振る腕や軽快にステップを踏む足の筋肉が鍛えられます。そして玉を目で追い、相手の取りにくい場所へ打ち返す頭脳戦でもあります。台に対して前後左右動き回る体力とゲームを上手に制する頭脳戦を兼ね備え、ボケ防止にピッタリです。

↑PAGE TOP